SHINSHU BRAND WAVE

Web担当者・クリエイター向け
講座・交流会

2016年1月21日(木)軽井沢 / 2016年1月22日(金)上田 ファンベースやオーガニックリーチで届ける 伝わらない時代のプランニング

ある調査によると2010年の1年間でインターネット上に約1ゼタバイトの情報が流れたといいます。1ゼタバイトは「世界中の砂浜の砂の数」にあたるそうです。つまり、インターネットを利用して情報発信を行う場合、世界中の砂浜の砂の数と同じ情報量の中で、企業は情報発信を行っていかなければなりません。この過酷な状況の中で、「伝わる方法」は本当にあるのでしょうか?
『明日の広告』『明日のコミュニケーション』『明日のプランニング』など、数多くの著書を執筆され、ご自身のプランニングの講座で熱狂的な支持を受けるコミュニケーションディレクター、「さとなお」さんこと佐藤尚之さんは、無限の砂嵐の中でも、ファンベースやオーガニックリーチというアナログで人間的な喜びに満ちたやり方で、自分が伝えたい砂粒を相手に届ける方法をご提案されています。
今回は、この方法の基礎となる、「伝わらない時代」にプランニングを行う際に前提とすべき考え方を学びます。

講師 株式会社ツナグ代表 佐藤尚之氏

講師
株式会社ツナグ代表 佐藤尚之氏
コミュニケーション・ディレクター
1985年に電通に入社、コピーライター、CMプランナー、ウェブプランナー、クリエイティブ・ディレクター、コミュニケーション・ディレクターを経て、2011年4月に電通から独立、(株)ツナグの立ち上げ。受賞歴はJIAAグランプリ、新聞広告賞グランプリ、ACC賞、カンヌ広告賞銅賞など。1995年から個人サイト『www.さとなお.com』(http://www.satonao.com/)を公開。主な著書は、『明日の広告』、『明日のコミュニケーション』(どちらもアスキー新書)、『極楽おいしい二泊三日』(文藝春秋)、『沖縄上手な旅ごはん』(文藝春秋)、『沖縄やぎ地獄』(角川文庫)、『人生ピロピロ』(角川文庫)、『ジバラン』(光文社知恵の森文庫)、『うまひゃひゃさぬきうどん』(光文社知恵の森文庫)など。講演・講義は年100本ペース。主にソーシャルメディアとマスメディアの両方を使ったコミュニケーション・デザインについて講演を行う。朝日広告賞審査員、佐治敬三広告賞審査員、花火師免許保持、学習院大学講師、上智大学講師。

開催概要

1月21日(木)軽井沢町
会場 / 万平ホテル(桜の間)アクセスマップ

1月22日(金)上田市
会場 / Hanalab. TOKIDA(ハナラボ常田)アクセスマップ

時間 講 座:13:00~16:00
交流会:16:00~17:00
(両日とも)
参加費 1000円(交流会の費用として)
対象 企業の経営者・Web担当者
Webや広告制作に携わる方
定員 30名程度(定員になり次第、締め切ります。)
締切 2016年1月14日(木) 定員になり次第、締め切ります。

お申し込み