NEWS

セミナーや講座に関しての最新情報
また、事業の進捗状況をレポートにてお届けいたします。

CATEGORY

ARCHIVE

『Web担当者のための5回講座』第5回目レポート

DSC_3266 (3)

第5回目の講座は「制作・運用プランと効果測定」です。

第1部は、「制作の流れ」についての講義です。Webサイトの制作工程におけるWeb担当者の役割を、「社内における期限管理」「コンテンツの原稿、画像類の用意」「途中経過でアップされるWebページの確認」「社内決済者への情報共有」の4つにまとめ、これらを制作の流れを理解し、つまづきやすい項目について重点的に説明をさせていただきました。

第2部は、「効果測定のためのGoogleAnalyticsの活用ポイント」です。検索エンジンの仕組みについて学んだ後に、「セッション」や「ユーザー」などGoogleAnalytics特有の用語とともに、代表的なレポートの見方について改めて復習します。その後、生田さんのメソッドの延長線上のページ評価の方法である、トップページとソリューションページの数値を比較することでユーザーが課題解決にたどり着いているかどうか判断する方法について説明をさせて頂きました。

DSC_3264 (4)

第3部は、「運用プラン」に関しての講義です。Webの運用に関して、企業の皆様は「更新や情報発信を継続できない」「運用しているが、成果があがらない」「成果を認めてもらえない」など様々な悩みがあります。これらに関して、WebサイトやECサイト、ソーシャルメディアなど運用するメディアを確認し、消費者のマインドフローに合わせて、メディアの役割と狙いを確認することの重要性についてお話をしました。また、Web担当者とは別に情報更新する担当者を設定する場合に、情報発信をどのようにお願いすれば成果に近づいていくかについて、具体的な情報発信フローという視点で説明をさせていただきました。
全ての講義を終え、参加者の企業のみなさんは自社Webサイトの改善の方向性を考えるワークショップに移ります。これまで5回の講座で学んできた内容から、自社Webサイトで解決したい優先項目を3つ選んでもらいます。選択項目については以下のとおりです。

A.社内体制づくり
1.経営者にWebサイトを経営課題として認識してもらう
2.専任担当者の設置
3.社内における意思決定プロセスの確立
4.制作会社を含めたWebサイトの運用体制の確立

B.ECサイトで取り扱う商品の見直し
1.パッケージやネーミング、価格など含めWebサイトで扱う商品そのものの強化
2.適切なターゲットに対してタイミング、価格、量などを考えた商品供給

C.Webサイトの再構築
1.情報を届けるターゲットを明確にし、ブランドプロミスを策定したい
2.ユーザー体験シナリオに基づくソリューションページを作りたい、増やしたい
3.マルチデバイスに対応したWebサイト構築
4.効果測定の手法を取り入れたい

選んでいただいた項目に関して、これから社内でどのように取り組んでいくか具体的に考えてもらいました。ワークが始まるとともに、皆さん、これまでの5回講座の内容について深く理解されているのか、Webを運用する上での会社の状況を思い浮かべながら課題と解決方法をシートに書き込んでいきます。多くの方が、運営スタッフのサポートはほとんどなくこれからのWebサイトの運営についてイメージを固めていきます。

DSC_3267

ワークを終え、1社1社、前に出て参加者の前で発表していきます。「コーポレートサイトで『自分たちが何者であるか』を明示し、検索キーワードとともにソリューションについて考えていきたい」「社内コンセンサスを取るところからはじめたい」「高価格帯のギフト向けアソートの開発をすすめ、新しいニーズ創出にチャレンジトライしたい」「商品マネージャー、スタッフ、シェフ、パティシエにヒアリングを行い、商品のこだわりや特徴をあらためて書き出してみたい」など行動に繋がる具体的な意見がたくさんでてきました。その話しぶりや内容から、皆さんそれぞれWebサイト活用に関して、強い意志と決意をもっているように思えました。5回講座に最後まで参加いただいた26社の企業の皆様、本当にありがとうございました。

DSC_3291

DSC_3318

講座終了後、参加者の方からプレゼントをいただいたり、「こういった講座を求めている企業の皆様は多いと思います。次年度もぜひ開催してください。」とお話をいただいたり、事務局としても企業の皆様のなんらかのお役に立てたという実感を得られとても嬉しく思いました。
参加企業の皆様は、この後2月に今回の講座を生かした、銀座NAGANOWebサイト評価ミーティングに出展します。こちらに向けて参加企業の皆様は、ミーティングに用いる商品ページの作成に入ります。今後、こちらの進捗状況の報告、ミーティングの告知も行っていきますので、よろしくお願い致します。

DSC_3356

一覧に戻る