NEWS

セミナーや講座に関しての最新情報
また、事業の進捗状況をレポートにてお届けいたします。

CATEGORY

ARCHIVE

JBN 2018 講座『OfferBox中野社長に学ぶ これからの採用戦略とWeb活用』レポート

10月10日(水)、企業の採用活動をテーマとした講座『これからの採用戦略とWeb活用』を開催し、長野県内企業で採用活動に関わる21名(16社)の皆さんにご参加いただきました。

折しも当日の新聞では経団連が主導してきた就活ルールの廃止決定というニュースが伝えられました。
今までにも増して採用環境が不透明化・複雑化するタイミングでの講座開催です。
ここ数年苦戦を強いられている地方企業にとって、採用活動の前提となるべき「採用戦略」はどうあるべきなのか。
さらに、Webサイトはどのような働きをしていくのでしょうか。

かつては見られなかった「ダイレクトリクルーティング」のステージを作り上げてきた中野智哉氏をゲスト講師に招き、これからの企業採用のあるべき姿に迫りました。

00

本講座は長野市のJBNセミナールームにて行われました。
プログラムの概要は次の通りです。

第1部「ダイレクトリクルーティングから見える新卒採用の今とこれから」
講師:中野智哉氏(株式会社i-plug 代表取締役社長)
第2部「採用戦略から考える採用サイト」
講師:稲田英資(株式会社JBN SBW部 部長)
第3部 トークディスカッション
中野智哉氏×稲田英資
ネットワーキング
講師と参加者の交流と情報交換


第1部 講義「ダイレクトリクルーティングから見える新卒採用の今とこれから」

講師:中野智哉氏(株式会社i-plug 代表取締役社長)

01

ダイレクトリクルーティングの先頭を走るOfferBoxを運営する中野智哉社長には、現在の企業採用活動はどのように見えているのでしょうか。
本講座の中で、中野さんは客観的データを示しながら先入観にとらわれない現状把握と、極めて具体的な活動メニューを提示しました。

講義が始まってまもなく、中野さんから「採用における皆さんの競合会社はどこですか?」という質問が出されました。
経営上の競合ならともかく、採用における競合社を株式会社〇〇というように、社名まではっきりと認識しているケースはまれだと言います。
この例でもわかる通り、どんな学生がターゲットなのか、どんな評価項目を重視するのか、どうやってアプローチしていくのか、等々について多くの企業はとてもあいまいです。
また、固定概念にとらわれたり、なぜそうなのかの裏付けがなかったりします。
ほとんどの会社が「コミュニケーション能力」を採用時の最重要ポイントとしてあげながら、別の調査ではそれを入社後育成できる能力として認識していることなどはその一つでしょう。
私たちの採用活動は、その前提となる「戦略」の面において、実にあやふやで合理性を欠いているのかもしれません。

人材採用の構造を「企業にとって働いてほしい人材 × 学生にとって働きたい会社」の2軸でとらえ、この2つが適切にかみ合わせるためのステップを、中野さんは客観的データーと理論的な説明で示しました。
採用戦略は、
(1)採用市場の把握
(2)競合社の把握
(3)自社の把握
の3つをできるだけ具体的に行うことで適切な活動を引き出せます。

私たちは先ずここができていなかったんだ、と気づかさせられました。

続いて「活躍する人材採用実現のポイント」をステップ毎に示された私たちはまさに“目から鱗が落ちた”状態となってしまいました。

ところで、中野さんが進めているOfferBoxは、けして奇をてらったものではなく、大手ナビサイトとは違う土俵で展開される理にかなった採用手法でした。
さらに、こういった逆求人に取り組むことで自社の採用戦略が研ぎ澄まされていくことも期待できそうです。

なぜならば、オファー型と呼ばれるダイレクトリクルーティングのステージでは、企業の一方的で最大公約数的な情報伝達手法が通用しません。
「我が社は本当のところどんな会社なのか」
「実際どんな人に入社してほしいのか」
といった事柄を曖昧にしたままではオファーできないからです。

ダイレクトリクルーティングに取り組むことで、採用戦略のコアな部分が自ずとあぶりだされるはずです。
例えば「ワンマン型の企業ならば、社長が好む人材でなければ活きないので、そこに徹するべき」とう言葉には、とかく建前で求める人材を語りがちな企業の採用メッセージにグサリと喝を入れられたようにも感じました。

講義では中野さんの経営されている株式会社i-plug の事例もお話ししていただきました。
計画通りとなった採用人数だけでなく、入社後の彼らの新入社員としての活躍も披露され、中野さんがおっしゃるように「入社がゴールではない」という採用活動の神髄もうかがい知ることが出来ました。


第2部「採用戦略から考える採用サイト」

講師:稲田英資(株式会社JBN SBW部 部長)

02

ますます混とんとする一方の新卒採用の最前線。
地方企業はどう対応していけばいいのかという課題に対して、講師の提言は目まぐるしく変わる採用ルールへの対処方法ではありませんでした。

要約すれば
(1)先ず採用活動を全社的な課題としてとらえ、その体制を整備する(社内プロジェクト化)
(2)自社はどんな会社なのかを改めて冷静に把握する(ヒアリングの実施)
(3)学生にちゃんと伝わる適切な方法をとる(自社独自の採用サイト)
というごく基本的な内容です。

これらは昨今マスコミを騒がせている「日本企業の採用活動ルール」なるものに対処するためだけの答えではありません。
あらためてよく考えてみましょう。
自社が「求める人材像」とはそもそもどういったものなのか、
学生にとって「良い企業」とは何を指しているのか、
そもそも「マッチングする」とは具体的にはどのような事なのか、
といったテーマの本質を地方企業は捉えきっているでしょうか。

少なくとも表に出てくるコンテンツを見る限り、それを伝えきっている地方企業は極めてわずかな企業に過ぎないというのが講師の認識です。

長い間、常に揺れ動き定まらない「日本の採用活動ルール」に企業の採用活動は翻弄されてきました。
地方企業も大波から逃れることはできませんでした。
しかし、自社にとって「人材」とは何なのか、「良い企業像」とはどういうものなのか、そういった本質的な事柄を追求し、それを自分たちの手で伝えきることこそが、採用で成果につながる近道だと学ぶことができました。


第3部 トークディスカッション

中野智哉氏×稲田英資

03

両講師の掛け合いはWebサイトの役割の話から始まりました。
「普段は立場上言いにくいんだけど、実際は学生が企業に興味を持った時、先ずその企業のサイトを見に行きますよ」と中野さん。
ただし、「学生の9割はスマホでアクセスするのでPCサイトしかない場合はすぐ離脱してしまいますね」と付け加えました。

また、講義で示された厳しいデータを見るにつけ、「今日参加されているような地方の中小企業が、大企業を向こうに回して採用力をアップしていくことは現実にできるんでしょうか」という稲田の疑問に対しては、「確かに採用ブランド力を上げるには時間も予算も膨大になり大企業にはかなわないでしょう。でもそれ以外の採用力の要素、例えばデータを分析するとか、ちゃんとアイスブレイクする会話を磨くなど、出来ることはたくさんあるし、戦略立案自体も企業の規模とは関係ないですよね。これらが得意な人材も社内にはきっといると思いますよ」というのが中野さんの答えです。

こういったやり取りを参加された皆さんは食い入るように聞き入っていて、それだけ採用活動の現場の悩みの深さも感じられる、とても真面目なセッションとなりました。


ネットワーキング:講師と参加者の交流と情報交換

04

通常の企業活動と比べ、採用活動で担当者にかかるプレッシャーは格別です。
ビジネス(商取引)活動とは別のフィールドで、人の人生をも左右する業務でありながら結果も求められています。
孤軍奮闘といった状況になってしまいがちな皆さんにとって、この交流の場は立場を同じくする仲間同士の情報交換の場としてオアシスだったようです。
一方、中野さんの関西出身らしい明るくて気さくなスタイルが参加者をリラックスさせているせいでしょうか、まじめな話が楽しく語られる居心地の良い時間になりました。

ネットワーキングでもいくつかの質問も出されましたが、中野さんのお答えはとても詳細で、なおかつ裏話も含めた本音トークとなったため、さらに会は盛り上がりを見せました(本音すぎてここでは披露できませんが)。

最後に、中野さんから「今日参加された皆さんからは本当に困っているという切実な思いが伝わってきました。採用活動においては、実際本当に困っていなければなかなか変わることが出来ないのです。そういう意味では困っている今こそが変わるチャンスなのだと前向きに考えてください」というメッセージをいただきました。

今回は「変わるためのヒント」を得ることができた講座となったことは間違いありません。



開催データ
タイトル:『これからの採用戦略とWeb活用』
期日:2018年10月10日(水)
参加者:16社21名
時間:15:00~19:00
会場:SBWセミナールーム(JBN・2F)

参加企業様(五十音順)
エムケー精工株式会社様
株式会社シューマート様
株式会社 高見澤様
株式会社ちくま精機様
株式会社都筑製作所様
株式会社ながのアド・ビューロ様
長野県農協直販株式会社様
長野鋼材株式会社様
株式会社八十二銀行様
株式会社ハーモ様
日置電機株式会社様
廣瀬建設工業株式会社様
株式会社ホンダカーズ長野中央様
株式会社マルイチ産商様
株式会社みすずコーポレーション様
株式会社りんごの木様

一覧に戻る